FC2ブログ

故郷へのプロローグ

来月故郷の三条で展覧会をすることになった。
実家の三条で銅版画をやっている妹との二人展だ。

高3の時、どうしても新潟から出たくて関西の文系の大学を受験した。
新潟には刺激がないと感じたからだ。何しろ新潟から出たかった。
受験に失敗し、進路を変更し、2浪して美大に入った。
学生時代に故郷で展覧会をした。地元の新聞にも大きく取り上げられ、卒業後には地元に戻ると答えている。
でも、何かが違うと感じていた。


「謙郎、中央にでなきゃいかん。」

祖父の言葉である。今でも心にしみる。


いつの間にか僕は新潟で過ごした以上の月日を中央で過ごしてしまった。
それでもやはり僕は新潟人なのだ。
いきがって新潟を飛び出した頃とは明らかに違う気持ち。故郷への感謝。
僕の絵が白が基調なのは新潟の雪の色なのではないかと今にして思う。
中央へ出たから気づいた感謝の気持ちと僕のルーツ。


「故郷に錦を飾る」とはまだまだいえない。


もっともっと広い世界をみて、新潟を、日本を振り返りたい。

今度の展覧会は故郷へのプロローグに過ぎない。



スポンサーサイト



プロフィール

tsuluken

Author:tsuluken
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR